ガスを乗り換える手順とは

都市ガスは以前までは供給企業を保護するために区割りという営業地域が設定されていて、その土地では専門的に業務を行えるようになっていて、別のガス会社に乗り換えることは出来ませんでした。

しかし現在は規制緩和で住んでいるのが集合住宅で個別の変更が難しいケースを除き、
殆どの場合でガス会社を乗り換えることが出来るようになっています。

これは価格の自由化に伴って消費者に対して恩恵を与える主旨で行われた政策で有り、この政策で多くの会社が誕生しました。

そこにはガスとは全く関係が無い企業や電力会社なども参入していて、サービスの向上に努めています。

乗り換えの手順はそれほど難しくなく、まずそれまで使っていた会社に乗り換えの有無と供給停止を伝え、それが受領されれば変更した先の企業と契約して使用することになります。

気になるのはガス管をどうやって使うのかといったことでしょうが、それは既存のものを借りて供給するだけなので、新たな工事をしたり追加料金が必要になったりはしません。

この自由化は大量にガスを消費している企業では既に変更が行われていて、個人に対しても少しずつ拡大しています。

新規参入する企業で不安を感じるかもしれませんが、そこにはきちんとバックアップ体制が構築されているので、いきなり企業が倒産して供給停止になるような事態は発生しませんし、自由化は外国ではポピュラーになっていて、それで大きなトラブルというのは発生していないので安心して下さい。

変更する場合はサービス内容や企業の取り組みなどを参照して行って下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です