ガスの乗り換えの手続き

都市ガスは国民生活にとって重要なインフラなだけに、これまでは安定供給を目的とした政府による強力な規制が行われてきました。

地域ごとに政府から認められた供給企業が決まっており、その企業が独占的に供給する体制と言い換えることもできます。

しかしこれではいつまでたっても料金が安くならず、消費者にとってのデメリットが大きいことから、最近は国の制度が改正されてガス自由化が進むようになりました。

そのためもしも従来の料金との比較で毎月の料金が割安になるようであれば、契約を見直して新規参入企業に乗り換えることも選択肢のひとつです。

新規参入企業にもさまざまな種類があって、たとえばガスの乗り換え先の本業が電力会社の場合には、電気とガスの供給契約をセットにすることで、かなりの割引率をもったプランが選択できることがあります。

実際に契約の乗り換えをするにあたっての手続きですが、それほど難しいものではありません。まずはホームページなどから見積もりをしてみて納得できる料金プランがあれば、その企業に申し込みをすることになります。

その際には既存の供給契約のお客さま番号などのデータが必要になりますので、毎月の領収証などの番号がわかる書類を手元に用意しておきます。

こうして申し込みが済めば、あとは切替日が通知されてきますので、その期日以降の支払い先が乗り換え後の企業になるだけです。

その他工事などの特別な作業や手続きは必要ありませんので安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です